おろぶろぐ

オンラインゲームの攻略を初心者さんにわかりやすく解説するブログです。

【実践形式で】ホーム画面のキャラを変更する方法を解説【推しのウマ娘にしてみよう】

ホーム画面のキャラを変更

どうも!無課金でクラス6維持を目指すトレーナーオロオロKT (@orooroKT)と申します。

今回は、ハーフアニバーサリーからウマ娘を始めた初心者さん向けに・・・

ホーム画面のキャラを変更する方法について、ブログにまとめていきます。

  • 所属するウマ娘を選べる
  • 所持する衣装から選べる
  • BGMは変更できない

キャラと衣装は変更できますが、BGMは変更できない点には注意。

持ってる楽曲の中から、BGMバージョンを流せるとかの機能が欲しいけどね。
(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

今回はホーム画面のキャラと、衣装を変更する方法を解説していきます。

スポンサードリンク

 

もくじ

ホーム画面でキャラを変更するところ

ホーム画面でキャラを変更するところ

赤い丸のところをタップ!

ホーム画面でキャラを変更するところは、チームランクの真下にあるアイコンから変更できます。

ホーム画面は、左右に振ってウマ娘たちの会話を聞くことができるのですが・・・

左右に振った状態でも、キャラを変更するアイコンは消えず、選択することができます。

実際にホーム画面でキャラを変更してみる

実際にホーム画面でキャラ変更①

それでは、先ほど紹介したアイコンから、実際にホーム画面のキャラを変更してみましょう!

まずは、現在ホーム画面に設定されている、サクラバクシンオー(みなさんはホーム設定のキャラ)をタップします。

すると、所属しているウマ娘が表示されますので、ホーム画面に設定したいウマ娘をタップして下さい。

今回は、ホーム画面をトウカイテイオーに変更してみますね!

実際にホーム画面でキャラ変更②

トウカイテイオーをタップして、緑の枠が付いたのを確認したら、決定をタップ。

次にホーム画面設定に戻るので、そのまま決定をタップ。

すると・・・

実際にホーム画面でキャラ変更③

カイチョー!テイオーがゲームで(笑)

少しロードを挟んで、ホーム画面がトウカイテイオーに変更されました!

なるほど、トウカイテイオーが夜ふかし気味になったら、マヤノとのゲームが原因・・・と。
φ(・ω・ )ヾ(・∀・;)メモルナ

こんな感じでホーム画面は、好きなウマ娘にキャラ変更できるので、ぜひ推しの娘にしてみましょう!

スポンサードリンク

 

キャラが着る衣装も変更できる

キャラが着る衣装の変更①

ちなみに、ホーム画面に設定するキャラの衣装を選ぶこともできます。

やり方はキャラ変更とほとんど同じですが、コチラも解説していきます!

ホーム画面でキャラを変更するアイコンをタップ⇒変えたい衣装をタップして下さい。

今回もわかりやすいように、トウカイテイオーの衣装を変更してみますね。

キャラが着る衣装の変更②

せっかくなので、ハーフアニバーサリーでもらった衣装に変更してみますか!

変更する衣装に緑の枠が付いたのを確認してから、決定をタップ。

ホーム設定に戻ったら、そのまま決定をタップすると・・・

キャラが着る衣装の変更③

ホーム画面に設定したキャラの衣装を変更することができます。

この『マックイーン』ってテイオーの言い方・・・

めっちゃ好き。
(。・ω・)ヾ(・∀・;)アッソ

ホーム画面のキャラ変更を同じやり方で・・・

他の場所でもキャラの設定を変更することが可能

  • ホーム画面
  • 強化編成
  • ストーリー
  • レース

今回紹介したホーム画面のキャラ変更のやり方で、上記に配置するキャラと衣装の設定も変更することができます。

設定する場所によって、ウマ娘のセリフが変更されますからね。

気になる娘がいたら、ぜひ設定して聞いてみて下さい!

個人的に迷ったら・・・ゴールドシップを設定しておくことをオススメしますよ。
壁|ω・)ヾ(・∀・;)ヤメトケ!

ホーム画面のキャラを変更する方法:まとめ

ホーム画面のキャラ変更

  • チームランク真下のアイコンから変更
  • 所属ウマ娘を自由に設定できる
  • 所持衣装を自由に変えられる
  • 現在はBGMは変更できない
  • 強化編成・ストーリー・レースのキャラも変更可能

はい!ということで今回は、ホーム画面のキャラを変更する方法について、ブログにまとめてみました。

ハーフアニバーサリーをキッカケに、ウマ娘を始めたトレーナーさんも多いと思います。

なので、ぜひ自分の推しのウマ娘に、ホーム画面などをキャラ変更をしてみてくださいね!

以上、『【実践形式で】ホーム画面のキャラを変更する方法を解説【推しのウマ娘にしてみよう】』でした。