おろぶろぐ

オンラインゲームの攻略を初心者さんにわかりやすく解説するブログです。

【驚愕】ヒュンケルが強いと思う5つの理由【確定で守備力ダウンに・・・だと?】

ヒュンケル

どうも!ドラクエタクト無課金研究家のオロオロKT (@orooroKT)と申します。

今回は、ヒュンケルが強いと思う5つの理由をまとめていきます。

ちょっとテキストで気になった部分があったので、引けたら検証しようと思っていたのですが・・・

まさか本当に引けるとは思ってました。
( ・ω・)ヾ(・∀・;)オモッテタンカーイ

  1. 直線射程5マスの必殺技
  2. 不死身の男が独自の効果
  3. デイン以外の耐性が半減
  4. 射程4マスの休み付与
  5. 大地斬が地味に優秀

ヒュンケルで1番驚いたのが、①の必殺ブラッディスクライドの効果。

検証してて『あ。ついにこの時代に入ったのね。』とインフレを実感しましたね。

今後もこのような効果のキャラが、追加される可能性が高いです。

なので、追加されるキャラのテキストは・・・目から怪光線ができる勢いで読みましょう!
(`・ω・´)ヾ(・∀・;)ピッコロヤメロ

スポンサードリンク

 

もくじ

理由①:直線射程5マスの必殺技

理由①:直線射程5マスの必殺技

ヒュンケルの必殺技:必殺ブラッディスクライドの性能です。

見ておわかりの通り、直線で射程5マスがある必殺技となっています。
(`・ω・´)∑(゜∀゜;)ファ!?

『射程4の左右のマス入れれば射程5マス』ということはありましたが・・・まさかの直線5マスの特技が来ましたね!

現在も射程2マス以下の物理キャラが存在している中、ヒュンケルの実装は大丈夫だったかな?(苦笑)

必殺ブラッディスクライド

しかも、ほとんどの必殺技が1回制限の中、使用回数が2回!

ドラクエタクトでは、短期決戦であれば5ターン前後の戦闘になることが多いです。

なので、必殺技が2回も使えたら十分ですね。

必殺ブラッディスクライドは守備力ダウン確定

さらに、今回の記事で1番伝えたいことが、おそらく守備力ダウンが確定であること。
(;・ω・)∑(゜∀゜;)ヒャー!?

通常『ときどき』や『まれに』など、説明分に確率表記がされていましたが・・・

必殺ブラッディスクライドには、その確率表記がないんですよ。

検証の範囲内ですべて守備力ダウンが入ったので、おそらく確定ではないかと思われます。

理由②:不死身の男が独自の効果

不死身の男の性能

ヒュンケルは1凸の覚醒スキルで、『不死身の男』という特性を習得できます。

その効果はHPが0になった時、ときどきHP1の状態で踏みとどまるというもの。

1つ危惧されることが、新たなリセマラをやらされるんじゃないか?ということ。

現状の高難易度クエストは、『○○にならなかったらやり直し』を繰り返すゲームですからね(苦笑)

不死身の男3凸と5凸の性能

不死身の男は、3凸&5凸(完凸)でそれぞれ発動率が+10%されます。

ここにもう『やり直したくなかったら課金してね♪』という意図が見えちゃうんですよねー。
(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

正直、これ以上高難易度クエストの運ゲー化はして欲しくないので、そうならないことを願うばかりです。

スポンサードリンク

 

理由③:デイン以外の耐性が半減

特性:鎧の魔剣の効果

ヒュンケルの属性耐性を最初見た時・・・『これは面白いな!』と思いましたね。

なぜかと言うと、特性:鎧の魔剣の効果で、デイン以外の耐性がすべて半減なんですよ。

無凸からこの耐性なので、デイン以外はダメージを軽減できるというわけです。

特性:鎧の魔剣の効果②

ドラクエタクトの敵は、基本『最大ダメージを取る行動を優先的にする』のですが・・・

うまく配置すれば耐性:半減によって、ヒュンケルは狙われずに済むのでは?

もっと言うと、あえてヒュンケル+キャラ何人かでダメージを受けさせ、他のキャラを狙わせないようにできるのでは?

この属性耐性は、クエスト次第ではあるけど、無凸のヒュンケルでも使えるかもしれませんね!

理由④:射程4マスの休み付与

闘魔傀儡掌の性能

ヒュンケルの唯一の体技『闘魔傀儡掌(とうまくぐつしょう)』。

範囲内の敵をときどき休みにする体技って・・・いうじゃな~い♪

でもこの特技の射程・・・左右のマスを入れたら4マスですからぁ~
( ゚д゚)(´∀`*)ザンネン!

ギター侍やめろ。
(;・ω・)(´∀`*)オマイウー

お祭り提灯の性能

真面目に説明すると、この特技はヤタイゴーストのお祭り提灯+ドルマ属性体技(大)ダメージを与えられる特技なんですよ。

ヤタイゴーストのお祭り提灯もまだ活躍している中・・・

ドルマの物理アタッカーが、休みを付与しにいく時代になったんですね。

守備力ダウンがない点や、移動力の差はありますが、敵に接近できれば主力級に使える特技になるでしょう。

理由⑤:大地斬が地味に優秀

大地斬の性能

鉄甲斬と全く同じ性能

鉄甲斬です。
( ・ω・)ヾ(・∀・;)ハショルナ

特技名が変わっただけで、威力・効果・消費MPも全く同じだとです。

鉄甲斬です。
( ・ω・)ヾ(・∀・;)ヒロシヤメロ

鉄甲斬の性能

言うて鉄甲斬も、現役で使えるB特技。

物理中心の編成では、守備力ダウンの影響は大きく、火力を維持するためほぼ必須。

確率もときどき(約40%)なので、全く同じ効果である大地斬も、同じように使っていけるでしょう。

必殺ブラッディスクライドは消費MPが高く、使用制限で2回までしか使えないので、大地斬の出番もあるでしょうね。

ヒュンケルの欠点は?

ヒュンケルの欠点は移動力

移動力2は厳しい・・・って思うじゃん?

ヒュンケルの欠点は、やはり移動力2であること。

敵との距離が遠い場合は、近づくまでは使いにくい印象を受けました。

『あれ?覚醒スキルで移動力+1ないの?』って、マジで5分くらい探しましたもん。
( ・ω・)(´∀`*)デスヨネー

欠点を射程の長さでカバー

欠点を射程の長さでカバー!

しかし、ヒュンケルの射程は、直線5マスor左右マス合わせ4マスと呪文アタッカー並。

近づきつつ攻撃し、接近したら大地斬など選択するのが良きかなと。

必殺ブラッディスクライドで守備力ダウンが足りるなら、近づく必要もないですからね。

むしろ、汎用は属性耐性を活かして、ダメージを受ける場面も出てきそうです(笑)

ヒュンケルが強いと思う理由:まとめ

  1. 直線射程5マスの必殺技
    ⇒さらに守備力ダウン確定
  2. 不死身の男が独自の効果
    ⇒ときどきHP1で耐える
  3. デイン以外の耐性が半減
    ⇒属性耐性がすべて半減
  4. 射程4マスの休み付与
    ⇒+ドルマ属性の体技ダメ
  5. 大地斬が地味に優秀
    ⇒鉄甲斬と全く同じ効果

はい!ということで今回は、ヒュンケルが強いと思う5つの理由をまとめました。

確率の表記は、ときどきや高確率が強いと思ってましたが・・・まさかの表記なしが最強でしたねw

今後もこういう確率表記をしてくると思いますので、特技のテキストには大注目です!

以上、『【驚愕】ヒュンケルが強いと思う5つの理由』でした。