おろぶろぐ

オンラインゲームの攻略を初心者さんにわかりやすく解説するブログです。

SSRナリタタイシンは強いけど・・・【無課金は引かなくてもOK】

SSRナリタタイシン

どうも!無課金でクラス6維持を目指すトレーナーオロオロKT (@orooroKT)と申します。

今回は、SSRナリタタイシンが強いと思うポイントと、無課金は引くべきか?をまとめていきます。

結論から言うと、SSRナリタタイシンは強いのですが・・・

無課金トレーナーさんは引かなくてOKです。

  1. 賢さ&スピードボーナス持ち
  2. 金スキルは回復スキル
  3. 作戦:追込の特化スキル
  4. 得意率も20あります
  5. 初期絆ゲージが高め

SSRナリタタイシンの強いポイントは、上記の5つ。

特に、賢さ&スピードボーナスの両方を持っているのが魅力のサポートカードですね。

ただし、②と③の問題があるので、無課金は引く必要はないと考えています。

その理由なども書いていきますので、最後まで読んでもらえたら嬉しいです♪

スポンサードリンク

 

もくじ

賢さ&スピードボーナス持ち

SSRナリタタイシンは、賢さボーナス持ち

SSRナリタタイシンは、賢さボーナス:1を所持。

ボーナス1とは言え、トレーニング効果は、やる気効果や成長率によるかけ算で算出されます。

○○ボーナスも、このかけ算に入るので、見た目以上にトレーニング効果があります。

SSRナリタタイシンの場合、もう1つボーナスがありまして・・・

SSRナリタタイシンは、スピードボーナス持ち

固有でスピードボーナスも!

スピードボーナス:1を固有ボーナスで所持しています。
(;・ω・)∑(゜∀゜;)ファ!?

なので、賢さのサポートカードでありながら、スピードを伸ばすのにも貢献することができますね。

スピード練習にSSRナリタタイシンが配置されているか?

要チェックや!
φ(・ω・ )ヾ(・∀・;)ヒコイチヤメロ

金スキルは回復スキル

金スキル:眠れる獅子の性能

中・長距離でぜひ欲しい金スキル!

SSRナリタタイシンは、連続イベントによって、金スキル:眠れる獅子を獲得できる可能性があります。

発動条件は作戦:追込限定ですが、回復スキルは非常に貴重!

中盤に発動するので、レース終盤に向け、スタミナを温存できるメリットがありますね。

中・長距離向けのスキルとなりますが、作戦:追込を育成する場合、SSRナリタタイシンは編成の候補になるでしょう。

下位スキルの後方待機

連続イベントは失敗もある

ちなみに、連続イベントで失敗すると、眠れる獅子ではなく・・・下位スキルの後方待機になります。
(;・ω・)ヾ(・∀・;)オイコラ

一応、賢さが高いと成功率は上がるらしいですが、僕が試しに使った感じだと、成功率が上がっている感じはしませんでした。

連続イベントもいつ来るか?わかりませんからね(苦笑)

眠れる獅子を獲得できるかは、結局は運任せになってしまうかなという印象を受けました。

作戦:追込の特化スキル

SSRナリタタイシンは、作戦:追込特化のスキルを所持

作戦:追込特化のスキルを所持

SSRナリタタイシンは、作戦:追込用のスキルを多く所持。

金スキル:眠れる獅子を狙っている方は、下位スキル:後方待機のヒントもあるところに注目!

後方待機のヒントを獲得できれば、眠れる獅子をお安く獲得できますからね。
(。・ω・)ヾ(・∀・;)

一匹狼の性能

トレーニングで狙えるのは大きい!

あとは、一匹狼が所持スキルから獲得できることも見逃せません。

一匹狼は、他のウマ娘が誰も一匹狼を所持していなかったら、少し能力が上がるスキル。

今までであれば、SRスイープトウショウから狙うのが一般的でしたが、デメリットのやる気ダウンが痛すぎでしたからねー。
(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

トレーンニングでのスキル獲得で、一匹狼が狙えるようになったことは、SSRナリタタイシンの長所の1つです。

スポンサードリンク

 

得意率も20あります

SSRナリタタイシンは得意率20

固有に得意率も含まれてます

『得意率ないじゃないかよー!』というナリタタイシンファンのみなさん、安心して下さい。

固有ボーナスにありますよ。
(`・ω・´)ヾ(・∀・;)ヤスムラヤメロ

固有ボーナスの場合は、得意率は20とのこと。

賢さのサポカ得意率比較

SSRミホノブルボンと同じ得意率

⇒引用サイト:サポートカード性能比較ツール - ゲームウィズ様

ちなみに、SSRミホノブルボンが、同じ得意率20の賢さサポートカードです。

なので、SSRミホノブルボンと同じくらい、得意練習(賢さ)に配置されると思っておけば問題ないでしょう。

さすがにSSRファインモーションや、SSRナイスネイチャほど高くはなかったようですね。

それだけ、スピードボーナスが付くサポートカードは、強いと認識されているのかも?

初期絆ゲージが多め

SSRナリタタイシンは、初期の絆ゲージアップが25と高め。

初期の絆ゲージアップ25は高め。

SSRナリタタイシンは、初期の絆ゲージアップが25と高め。

SSRファインモーションで15、SSRネイチャやSSRミホノブルボンで20ですからね。

たかが絆ゲージアップ5差ではなく、されど絆ゲージアップ5差です。

賢さのサポートカードは、早い段階で友情トレーニングを発生させたいので、地味に重要なサポート効果だったりします。

結論:無課金は引くべきではない

ゴールドシップ

作戦:追込はゴルシくらいしか出来ない

SSRナリタタイシンは、中・長距離の作戦:追込を育成するなら、ぜひ入れたいサポートカード。

中・長距離のキャラ育成ではスピードが盛りにくいので、SSRナリタタイシンのスピードボーナスなどでケアできますからね!

しかし、作戦:追込ができるキャラが、非常に少ないのが問題。

無課金の場合は、ゴールドシップくらいしかいないので、そのためにSSRナリタタイシンをガチャで狙うのは危険かなと思います。

SSRミホノブルボン

無課金ならSSRブルボンで十分

ぶっちゃけSSRナリタタイシンの役割は、SSRミホノブルボンで十分代用できます。

しかも、獲得できる金スキルは、作戦:逃げで使える先手必勝。

無課金でSSRミホノブルボンを、ハロウィンイベントで完凸できている方は、SSRナリタタイシンを引く必要はないと思います。

ゴールドシップを育成する場合、レンタルできるよう手持ちのサポートカードを揃えておくことの方が重要ですね。

SSRナリタタイシン:まとめ

  • 結論:無課金は引く必要なし
    ⇒SSRブルボンで代用可能
  • 賢さ&スピードボーナス持ち
    ⇒両方の所持はかなり貴重
  • 金スキルは回復スキル
    ⇒中・長距離では重宝する
  • 作戦:追込の特化スキル
    ⇒無課金だとゴルシくらい
  • 得意率も20あります
    ⇒固有ボーナスに含まれている
  • 初期絆ゲージが多め
    ⇒ファインやネイチャより多い

はい!ということで今回は、SSRナリタタイシンが強いと思うポイントと、無課金は引くべきか?をまとめました。

SSRナリタタイシンの性能は高いけど、作戦:追込をあまり使わないのが問題ですね(苦笑)

必要な時SSRナリタタイシンを借りられるよう、ガチャでよく使うサポートカードを揃えることを優先しましょう!

以上、『SSRナリタタイシンは強いけど・・・【無課金は引かなくてもOK】』でした。