おろぶろぐ

オンラインゲームの攻略を初心者さんにわかりやすく解説するブログです。

ふくぶくろを完凸すべき5つの理由【虹色のオーブを蹴ってやる価値アリ】

ふくぶくろ

どうも!ドラクエタクト無課金研究家のオロオロKT (@orooroKT)と申します。

今回は、ふくぶくろを完凸すべき5つの理由をまとめていきます。

最近の配布Aランクは、そこまで強くないため、交換をためらってる方もいるでしょう。

星降りの勲章交換所

なんせ比較対象が、虹色のオーブですからぁ~!
( ゚д゚)( ゚д゚)シャー!コラー!

戦力によっては、『虹色のオーブ』と『ふくぶくろ』を天秤にかけることになりますが・・・

その場合は、僕ならふくぶくろを完凸することをオススメします。

虹色のオーブの交換で迷っている方は、ぜひご参考に判断してみてください。

スポンサードリンク

 

もくじ

①:回復体技:お薬が使える

しあわせのお薬の性能

ふくぶくろは、貴重な回復体技『しあわせのお薬』を所持。

仲間1体のHPを大回復とありますが、しあわせのお薬はB特技。

回復量はセラフィやスライムエンペラーには及びませんが・・・

3ターンの間、継続回復状態にできるところがポイント。

しあわせのお薬+10の性能

とくぎ強化で継続回復の効果もアップ

さらに、しあわせのお薬を特技強化することで、継続回復の効果も上がります。

ここはセラフィの特技:天使のおまじないと同じ。

継続回復は、対象の仲間が行動した後に発動します。

なので、ダメージを受けるであろう仲間に、先にかけておく作戦もアリでしょうね!

⇒参考動画:とくりんYouTube Channel様

ふくぶくろの『しあわせのお薬』の回復量を検証した、参考動画となります。

ふくぶくろを交換する検討材料として、よろしければご覧ください。

しあわせのお薬の回復性能は、クレリアの『やすらぎの風の回復量』+『継続回復(3ターン)』といった感じ。

Aランクの回復役としては、かなり優秀だという印象を受けましたね。

各回復量の比較

ふくぶくろはクレリアと同等程度
  • 天使のおまじない+10
    ⇒3凸:HP602回復
  • ベホマラー+10
    ⇒完凸:HP610回復
  • やすらぎの風+9
    ⇒完凸:HP411回復
  • せいれいのうた
    ⇒完凸:HP211回復

他の回復キャラの回復量を、上記にまとめてみました。

上記を見て『やすらぎの風で良くね?』と思った方は・・・

とても重要な点を見逃しています。

それがコチラ!

やすらぎの風としあわせのお薬の射程を比較

射程1マスの差は非常にデカイ!

やすらぎの風は射程が2マス、しあわせのお薬は射程が3マスなんです!

タクティカルRPGにおいて、射程と移動力が非常に重要。

補助タイプが前線に出ると、真っ先にやられるので、射程がある回復特技は重宝します。

セラフィの使い勝手が良いのも、射程3マスが1つの要因ですからね。

5凸でしあわせのお薬の効果+10%

3凸と合わせて10%アップ!

さらに、ふくぶくろを5凸することで・・・

しあわせのお薬の効果が、10%アップします!

3凸で5%アップ完凸でも5%アップするので、合計で10%アップですね。

ぶっちゃけコレだけで、ふくぶくろを完凸する理由としては十分すぎます。

スポンサードリンク

 

②:1凸特性で移動力+1

ふくぶくろ1凸で、移動力+1。

ふくぶくろを1凸にすることで、移動力を+1することができます。

移動力を+1することで、ふくぶくろの移動力は3マス。

回復薬で移動力3マスというのは、あのセラフィにもできない芸当ですからね!
(`・ω・´)(´∀`*)オオー!

少年テリーは、2ターン目からならイケるけど・・・
(;・ω・)ヾ(・∀・;)ツケタスナ

回復役のウェイト比較

⇒引用サイト:ドラクエタクトサーチ様

少年テリーを持っていない方は、移動力3マスのふくぶくろは、貴重なキャラです。

移動力の都合でセラフィで届かない場合は、ふくぶくろでカバーして上げるといいかもしれません。

そんなことは滅多に起きませんが・・・

闘技場だとウェイトの関係で、少年テリーorセラフィ⇒ふくぶくろの交代は有り得そうですよね!

③:補助としてはステが優秀

ふくぶくろ5凸のステータス

ふくぶくろの各凸状態のステータスはこちら

ふくぶくろは補助役として、非常に仕上がったステータスをしていますね!

完凸すると素早さが411と、素早さ特化の装備いらずの数値。

さらに、HPも932と高めに設定されているため、耐久力もそこそこあるのも強み。

ふくぶくろはHP特化装備がオススメ

しかも、主力とくぎ『しあわせのお薬は体技』。

賢さに関係なく、レベル依存で回復力が決定されるため、賢さを上げる必要はありません。

つまり、装備でHPを極振りにすれば、ある程度の攻撃も耐えてくれるという計算ができます。

一方、同じAランクでライバルの『クレリア』は?というと・・・

クレリア5凸のステータス

移動力が4マスなだけあって、耐久力に難あり。

ボミエやマヒャドなど、多彩なとくぎを持つクレリアですが・・・

『耐久力』と『回復とくぎの性能』に関しては、ふくぶくろに軍配が上がります。

なので、クレリア以外の選択肢を作るためにも、ふくぶくろは絶対に完凸をしておきたいキャラですね。

④:回復役で貴重な『毒無効』

ふくぶくろは毒無効

ふくぶくろは、耐性:毒無効を持つ貴重なキャラ。

毒は高難易度クエストなどの敵が、遠距離から付与してくる可能性があります。

そのとき、ふくぶくろをあえて射程に入れて、毒を無効化することも可能。

補助役を前に出す機会は、ほぼありませんが・・・初期配置で毒をかわす必要がある場合、役に立つ知識になるかも?

回復役の毒耐性を比較

ちなみに、他の回復役の毒耐性は、こんな感じになっています。

物質系に毒無効が多いことから、ふくぶくろも毒無効になったんでしょうね。

『物質系で回復ができるキャラ』と言われると、僕はピンとくるキャラを思いつかなかったので・・・

回復役であれば、地味に優秀な耐性になり得るかも?

⑤:完凸で『ときどきHP回復』

ふくぶくろ完凸でときどきMP回復を習得

ふくぶくろを完凸することで、ときどきHP回復を習得できます。

ときどきは確率で言うと、約40%ほどになります。

つまり、ときどき(確率40%)HPを『行動開始前』に回復させることができるわけですね。

ふくぶくろのステータスも、HPが高いことから、補助役にしては耐久力がある方じゃないか?と思いますね。

ふくぶくろのときどきHP回復量

おそらく最大HPの10%回復

『ときどきHP回復は、いくら回復するのか?』気になったので、早速調べてきましたでサー!
(`・ω・´)ゞヾ(・∀・;)ケイレイスナ

僕のふくぶくろ5凸では、HP回復量は118でした。

推測になってしまいますが、『最大HPの10%回復するのかな?』という感じ。

やはり!ふくぶくろの装備は、HP極振りをオススメします。

ふくぶくろを完凸すべき理由:まとめ

  1. 回復体技:お薬が使える
    ⇒射程3、継続3ターンは強い
  2. 1凸特性で移動力+1
    ⇒セラフィでも移動力は『2』
  3. 補助としてはステが優秀
    ⇒体技なので賢さ上げが不要
  4. 回復役で貴重な『毒無効』
    ⇒回復役で毒無効は他にいない
  5. 完凸で『ときどきHP回復』
    ⇒最大HPの10%回復する

はい!ということで今回は、ふくぶくろを完凸すべき5つの理由を、まとめました。

ふくぶくろの比較対象は、同じAランクの『クレリア』になると思いますが・・・

『耐久力』と『回復とくぎの射程』で差別化ができるので、ふくぶくろはぜひ完凸したいキャラですね!

闘技場でよくクレリアを落とさる方は、ふくぶくろ完凸もご検討ください。