おろぶろぐ

オンラインゲームの攻略を初心者さんにわかりやすく解説するブログです。

SSRシンボリルドルフ(スタミナ)を引かない3つの理由

SSRシンボリルドルフ(スタミナ)

どうも!無課金でクラス6維持を目指すトレーナーオロオロKT (@orooroKT)と申します。

今回は、SSRシンボリルドルフを引かない3つの理由をまとめていきます!

『シンボリルドルフ初となるSSRサポカ』と聞いて期待していたのですが・・・

かなり期待ハズレの性能に、正直ガッカリしてしまいましたね(苦笑)

  1. 性能が配布SSRクラス
  2. 気炎万丈がビミョー
  3. 固有が活かしにくい

SSRシンボリルドルフを引かない理由は、上記の3つ。

性能面も低く、金スキルも使いにくいことから、SSRシンボリルドルフは引かなくても良いと判断しました。

今のガチャを引くくらいなら、SSRファイン・ネイチャ・フクキタルの復刻を待ちたいですね。

SSRシンボリルドルフを引こうか迷っているトレーナーさんは、ぜひご参考いただけたら嬉しいです。

スポンサードリンク

 

もくじ

①:性能が配布SSRクラス

SSRシンボリルドルフとの性能比較

まさかの配布SSRと同等レベル(苦笑)

SSRシンボリルドルフの性能なのですが・・・

見てビックリ!配布のSSRとほぼ同等の性能なんです。
(;・ω・)∑(゜∀゜;)ファ!?

強いのはレースボーナス『10%』くらいで、他はあまり強くありません。

なので、SSRシンボリルドルフを引くくらいなら、SSRメジロマックイーンや、SSRメジロブライトで十分と思われます。

スタミナの編成枚数

SSRクリーク1枚で解決できる場合も・・・

さらに、サポカ編成で採用されるスタミナの枚数は、0枚~積んでも最大2枚まで。

その内1枚は、SSRスーパークリークがほぼ確定している状況です。

現環境なら(中距離育成であっても、スタミナ0枚編成というケース)もめずらしくありません。

そんな中、SSRシンボリルドルフを引くのは、オススメできませんね。

スポンサードリンク

 

②:気炎万丈の効果がビミョー

気炎万丈の効果

SSRシンボリルドルフの性能面が良くないとなると・・・

残りは『金スキル:気炎万丈が使えるか?』という問題。

気炎万丈は、持久力の回復+速度上昇のハイブリットスキルになります。

しかしながら、速度上昇と持久力の回復量があまり高くないんですね。

気炎万丈は、速度上昇『少し』持久力回復も『少し』

器用貧乏感があるスキルですね(苦笑)

速度上昇は『少し』で、持久力回復も『少し』と、効果量的にもビミョー。

速度上昇の効果時間も、1.8秒と短いのも欠点ですね。

さらに、使える距離が『中距離』だけであることから、SSRシンボリルドルフは引かない方が良いと思われます。

円弧のマエストロの効果

距離縛りがないマエストロが安定!

やはり中・長距離の回復は、円弧のマエストロが候補の筆頭!

円弧のマエストロは、中・長距離のどちらでも使えますからね。

スタミナのサポカが欲しい場合は、性能面でも圧倒している、SSRスーパークリークを優先した方が良いでしょう。

SSRシンボリルドルフの所持スキル

所持スキルは主にデバフ系と、中距離直線・コーナー○・ありったけの取得が可能。

チャンミ(チャンピオンズミーティング)でデバフを積みたいなら候補ですが・・・

それだけでは、SSRシンボリルドルフを狙う理由としては弱すぎます。

逆に中距離スキルとありったけを狙いたい場合は、デバフ系のスキルが多すぎて、狙いにくいという欠点も・・・(苦笑)

SRアグネスタキオンと配布SSRトーセンジョーダンの所持スキル

中距離スキルが非常に狙いやすい!

中距離のスキルであれば、SRアグネスタキオンや配布SSRトーセンジョーダンが非常に優秀。

どちらもSRや配布であることから、無課金でも採用しやすいサポカですからね。

無課金のトレーナーさんなら、因子周回から本育成まで使えるサポカになります。

所持スキルも手持ちで用意しやすいことから、SSRシンボリルドルフは狙わなくても良いでしょう。

③:固有が活かしにくい

SSRシンボリルドルフの固有ボーナス

編成したサポカの種類で変わるが・・・

SSRシンボリルドルフの固有ボーナスは、編成しているサポカによって、初期ステータスが上がるというもの。

例えば、スピードのサポカであればスピード+10、スタミナであればスタミナが+10という感じ。

友人やグループサポカの場合は、各ステータスが+2ずつされるというもの。

しかし、編成したサポカはステータスが盛りやすいので、『ステータスボーナスはいらない疑惑』が浮上。

カンストできる場合、ボーナスが無駄になる。

例えば、上記の画像は僕がピスケス杯用に育成したゴールドシップ。

この編成で、スピードとスタミナをカンストできたということは・・・

SSRシンボリルドルフを入れていた場合、スピード2枚+スタミナ2枚分(合計40)のステータスがフローしてしまいます。

1つの種類の枚数を増やすほど、1200の上限に達しやすいので、SSRシンボリルドルフの固有ボーナスは、活かしにくいんですよね(苦笑)

SSRマチカネフクキタル

さらに、ステータス上昇系で言えば、SSRマチカネフクキタルが非常に優秀。

完凸なら各ステータス+30ずつされるので、不足ステータスを補いやすいのが最大のメリットです。

さらに、育成開始時からステータスアップが適応されるので、序盤のレースで勝ちやすくなる点も評価できますね。

スタミナよりスピードを使う機会も多いため、SSRシンボリルドルフはスルーで良いかと思います。

SSRシンボリルドルフを引かない理由:まとめ

  1. 性能が配布SSRクラス
    ⇒やはりSSRクリークが強い
  2. 気炎万丈がビミョー
    ⇒マエストロ安定
  3. 固有が活かしにくい
    ⇒編成次第でフローする

SSRシンボリルドルフは性能が低すぎるので、仮に気炎万丈の上方修正があっても使いにくい印象。

何より、ウマ娘のシンボリルドルフを持っているトレーナーさんは、育成で使えないのがネック。

スタミナサポカが欲しいなら、SSRスーパークリーク1択ですが・・・スタミナサポカはあまり使う機会がありません。

なので、SSRスーパークリークはレンタルに頼って、よく使う賢さorスピードサポカを狙う方がいいでしょうね。