おろぶろぐ

オンラインゲームの攻略を初心者さんにわかりやすく解説するブログです。

ロトの勇者は引く・・・に決まってんだろ!【結論:45000ジェム以上あるなら勝負!】

ロトの勇者

どうも!ドラクエタクト無課金研究家のオロオロKT (@orooroKT)と申します。

今回はロトの勇者は引くべきか?というか・・・

45000ジェム以上ある方は、ロトの勇者のガチャを引いて下さい!
(`・ω・´)∑(゜∀゜;)イイキッター!

ドラクエタクトでは、最高ランクは『Sランク』まで分類されています。

しかし!あまりに破格の性能なので、『おろぶろぐ』ではロトの勇者をSSランクと定義します!

  1. ロトの勇者のステータス
  2. ロトの勇者の所持とくぎ
  3. 鉄壁の『聖なる守り』
  4. 3凸まで欲しい覚醒スキル
  5. パネル特性がパネェ!

基本的に当サイトでは、『無課金の方は闇鍋ガチャを推奨』しています。

しかし、ロトの勇者はSランクより上に『SSランク』と定義。

闘技場のメタゲームが、ロトの勇者を中心に回るのも時間の問題かもしれません。

それくらいロトの勇者は強力なキャラなので、45000ジェム以上ある方はぜひご検討ください。

スポンサードリンク

 

もくじ

①:ロトの勇者のステータス

ロトの勇者1凸のステータス

⇒引用サイト:ドラクエタクトサーチ様

無課金でも現実的な、ロトの勇者1凸のステータスがこちら。

全てのステータスが高水準という、破格の性能に仕上がっています。

中での攻撃力はトップクラスの性能で、1凸で攻撃力が500近くにまで達します。
(;・ω・)∑(゜∀゜;)ヤッベーゾ!

賢さに低さ関しては、賢さに依存する呪文がないので、全く問題ありません。

ロトの勇者のステータス

ウェイトは魔王系と同じ『65』!

ただし!ロト勇者は英雄系のキャラですが・・・

ウェイトは魔王系と同じ『65』

まあ、これだけ破格の性能なので、60の方がおかしいって思っちゃいますよねー。
(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

魔王系と同じウェイトだったとしても、ロトの勇者の評価は全く変わりませんね。

②:ロトの勇者の所持とくぎ

ロトの勇者の所持とくぎ

ロトの勇者のとくぎは、上記の5つ。

ハッキリ言ってしまうと、全て『おかしくね?』と首をかしげるレベルで高性能な特技です(苦笑)

3つの属性を持っているだけで破格の待遇ですが・・・

闘技場を頑張っている人が注目すべきは、不死鳥天来ですね。

ギガクロスブレイク

ギガクロスブレイク

ドラクエタクトで初実装となる『Sランク』特技。

紫のマス、オレンジのマスのそれぞれに、威力300%のデイン物理ダメージを与える必殺技ですね。

紫とオレンジが重なったマスは、ダメージを2回与えることが可能です!

範囲は特殊で使いにくさもありそうですが、広範囲なので複数の敵を巻きこめると、効果はより大きくなりますね。

アストロン

アストロン

アストロンは、仲間1体を敵味方全てのダメージ・回復・状態異常・状態変化が無効になる特技。

公式の回答では、『いてつく波動でもアストロンの解除はできない』ようですね。

使い方としては、高難易度などで壊滅的なダメージを受ける場合、アストロンでいなすことも考えられます。

ただし!引き寄せや吹き飛ばしは、マスを移動されるので注意ですね。

雷の剣閃

雷の剣閃

敵1体に威力200%のデイン物理ダメージ+ときどき休みにする特技。

最大射程が4マスもあるので、休みが弱点の敵を牽制する動きもとれます。

休み付与があることから、魔剣士ピサロの特技:神速の剣閃の完全上位互換の特技ですね。

ただし、ロトの勇者の1手が休み付与だけでは、チョトもったいないかなとも思いますが・・・(苦笑)

不死鳥天来

不死鳥天来

範囲内の敵すべてに攻撃力依存・反射不可のイオ属性呪文ダメージを与える効果になります。

呪文=必中になるので、みかわし率が高い堕天使エルギオスや魔剣士ピサロの天敵になるであろう特技ですね。

しかも!反射不可まで付いているので、創造神マデサゴーラキラーとしても、ロトの勇者は活躍が期待されます。

イオ弱点キャラが多い闘技場環境を、一変させるほど強力な特技だと思います。

エターナルソード

エターナルソード

敵1体に威力400%のバギ物理ダメージ+高確率で守備力ダウン効果がある特技。

バギ弱点の敵に対してはもちろん、守備力ダウンは高難易度クエストでも使える特技ですからね!

エターナルソードで守備力ダウンを入れ直すことで、ターン数も再び3ターンに更新することができるもの長所。

射程が1~2マスはやや使いにくいですが、バギ属性という3つ目の選択肢があるだけで優秀です。

スポンサードリンク

 

③:鉄壁の『聖なる守り』

聖なる守り

ロトの勇者で1番ヤバイんじゃないか?と思ったのが、聖なる守り。

効果は戦闘開始から3ターン、一部の状態異常を無効化するというもの。

では『一部の状態異常とは何か?』というと・・・

聖なる守りの詳細

ステダウン以外全て無効(苦笑)

ステータスダウン系の状態異常以外、すべての状態異常が無効です。
(;・ω・)∑(゜∀゜;)ファ!?

創造神マデサゴーラなど、高確率で状態異常を付与してくる敵に対し、絶大な効果を発揮します。

さすがにチョットやり過ぎコージーかな?と思いましたが・・・
( ・ω・)(´∀`*)イマダー♪

運営さんが『いてつく波動(付与効果を無効)』の実装を匂わせている感があるので、それならまだ納得できるかなと思います。

④:3凸まで欲しい覚醒スキル

ロトの勇者の覚醒スキル

ロトの勇者の覚醒スキルがコチラ!

5凸も覚醒スキルがあると思いますが・・・

公表されておらず、無課金には縁遠い話なので、まあいいかなと。
(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

なので、ロトの勇者の3凸覚醒スキルまでを見ていきましょう!

みなぎるチカラ

みなぎるチカラ

10ターン目までの奇数ターンの行動開始時に、攻撃力・守備力・賢さ・素早さを上げる効果。

効果自体は、ダークドレアムの『秘めたる力』と全く同じ。

特に素早さを上げる効果が、闘技場だと効果が大きいと思います。

行動順が入れ替わる可能性があるので、そこで先手を取れるのが大きなメリットですね!

ルビスの守護

ルビスの守護

戦闘開始時から3ターン、ダメージを20%軽減できる特性。

かなり地味な特性ですが、状態異常が無効なキャラを野放しにするほどの驚異はありません。

なので、真っ先にロトの勇者を倒したいところですが・・・

ダメージ20%軽減があることで、+1手~2手取れるのであれば、攻めや防衛でも大きく貢献してくれるかなでしょう。

⑤:パネル特性がパネェ!

スキルパネルの詳細

また才能開花の素材を使うのか(苦笑)

ロトの勇者は『スキルパネル』という、新育成要素が実装されました!

簡単に言うと、才能開花の素材を使って、ステータスアップ・とくぎ・特性を習得することができます。

また才能開花の素材を使ってしまう、育成要素が増えたらしいよ?
(;・ω・)(゚Д゚)ナンダトゥ!?

正直、才能開花の素材は厳しいですが・・・スキルパネルの内容を見ていきましょう!

正義の心

正義の心

敵から攻撃を受けることで、ときどきテンションが上がる効果。

テンションが上がることで、与えるダメージを増えるので・・・

あえてダメージを受けて、テンションアップを狙うの作戦もアリ。

3凸覚醒スキル:ルビスの守護を付けるとダメージを受けやすいので、ロトの勇者は将来的に3凸にはしたいですね!

ルビスの祝福

ルビスの祝福

行動開始時、『最大値の10%HP回復』&『最大値の4%MPを回復』する効果。

ときどきテンションアップを狙うと、HPを削られてしまうので、行動開始時にHP回復ができるのは大きい!

竜魔人バランの事案で、ユーザーに勘違いをさせたのが原因か?

しっかり効果を明記してくれるのが、判断材料になるので嬉しい改善です。

ロトの勇者の性能:まとめ

  1. ロトの勇者のステータス
    👉トップクラスの攻撃力
  2. ロトの勇者の所持とくぎ
    👉不死鳥は闘技場環境を一変
  3. 鉄壁の『聖なる守り』
    👉状態異常を封殺する特性
  4. 3凸まで欲しい覚醒スキル
    👉ダメージ20%軽減は強い
  5. パネル特性がパネェ!
    👉正義&祝福は絶対欲しい

正直なところ現時点では、ロトの勇者はぶっ壊れの性能です。

唯一心配なことは、『いてつく波動の実装』により、聖なる守りの絶対性が揺らぐことくらいかと思います。

これを考慮して問題がないと判断するなら、ロトの勇者はガチャで狙うべきでしょう。

しかし、天井まで引かないと出る保証はないため、ロトの勇者を狙う方は45000ジェム以上ある方を推奨します。

虹のモナンメダル交換所

チケットSの使用も検討しよう!

もし虹のモナンメダルが150枚近くの方は、『なかま紹介チケットS』で加入させることも考えましょう。

過去の例を見ても、これでロトの勇者は加入できるハズなので・・・

ロトの勇者が実装されたら、仲間紹介所は必ずチェック!

45000ジェムを浮くのはかなりデカイので、ここはなかま紹介チケットSの使い時かもしれませんね。

オロオロKTのツイッターはコチラ!

『細かいドラクエタクトの情報』に関しては、僕のツイッターでも発信しています。

ご興味がある方は、フォローしていただけると、主が大変喜びます・・・
(`;ω;´)(´;ω;`)ネー

それでは、次のドラクエタクト記事でお会いしましょう!