おろぶろぐ

オンラインゲームの攻略を初心者さんにわかりやすく解説するブログです。

SSR水着マルゼンスキーを引くべきか?【結論:もう1つのピックアップも見よう!】

SSR水着マルゼンスキー

どうも!無課金でクラス6維持を継続中のトレーナーオロオロKT (@orooroKT)と申します。

今回は『SSR水着マルゼンスキーを引くべきか?』性能をまとめながら、判断していきます。

結論から先に言うと、無課金でSSRキタサンブラックを持っているなら、引かなくても良いと思います。

が!
( ゚д゚)∑(゜∀゜;)ビクン!

⇒参考記事:【抜群の安定感】SSRキタサンブラックが強いと思う5つの理由【無課金も完凸を目指したい】 - おろぶろぐ

水着マルゼン&ファイン復刻ガチャ

過去イチで激アツな復刻ガチャ!

復刻ガチャでSSR水着マルゼンスキーSSRファインモーションのWピックアップが決定!

スピードサポカが心もとない方はもちろんですが・・・

賢さサポカが心もとない方も、SSRファインモーションも狙える激アツの復刻ガチャ。

最終的に引くべきか?結論を出しますので、ご参考いただけると嬉しいですね。

スポンサードリンク

 

もくじ

①:SSR水着マルゼンスキーの性能

SSR水着マルゼンスキーとの性能比較

⇒引用サイト:【ウマ娘】サポートカード性能比較ツール - ゲームウィズ様

まずは、SSR水着マルゼンスキーと、他のスピードサポカとの性能比較から見ていきます。

SSR水着マルゼンスキーの固有ボーナスで、トレーニングLv5だった場合。

なんと!トレーニング効果は+25%に・・・
(;・ω・)∑(゜∀゜;)ファ!?

現環境ではスピードサポカとして、トップの性能を誇ります!

SSR水着マルゼンスキーの性能

次にトレーニングLvによって、SSR水着マルゼンスキーの固有がどう変わるかを比較。

スピードとパワーに関しては、トレーニングLv3とLv4とではあまり変わらない印象ですが・・・他の練習に参加した場合が強い!

得意率も『35』と控えめなので、スピード以外(主に賢さ)の練習参加でステータスを盛るという考えもできるでしょう。

ただし、レース出走が多い育成の場合、トレーニングLvが3以下で終わることもあるので、そこは考慮したいところですね。

②:トップランナーが強い!

トップランナー

SSR水着マルゼンスキーの金スキル:トップランナーは、連続イベントの3回目で確実に取れるスキル。

効果は、3秒間も速度上限を0.35m/s上げるというもの。

速度上昇も高く、発動率も非常に高いため、逃げでは必須スキルと言われています。

下位スキルの先頭のプライドが必須と言われてましたが・・・ついにトップランナーがサポカで取れる時代が来ました!

先頭のプライド

ちなみに、下位スキルの先頭のプライドは、速度上限を0.15m/s上げるスキル。

効果時間は、トップランナーと同じ3秒と長めとなっています。

速度上限の上がり幅は、トップランナーの方が大きいので・・・

今後は、トップランナー採用した逃げウマ娘が多くなりそうな予感がしますね。

③:逃げに特化したスキル

SSR水着マルゼンスキーの所持スキル

どれでも逃げならほぼアタリ!

SSR水着マルゼンスキーの所持スキルは、逃げに特化した構成。

季節が噛み合わない時の『夏ウマ娘○』以外、全てアタリのスキルとなっています。

『地固め』『スリップストリーム』『遊びはおしまいっ!』も、効果時間3秒と長いのも良いですね!

これだけスキルがあると、狙ったスキル取れにくそうと思うかもしれませんが・・・

SSR水着マルゼンスキーの『ヒントLvアップLv2』

Lv3の状態でヒントが取れる!

SSR水着マルゼンスキーは、『ヒントLvアップLv2』というサポート効果を持っています。

このサポート効果により、スキルのヒントがLv3の状態で習得できるため・・・

有力なスキルを獲得できたら、すぐスキルを取得することで、次のヒントでその取得スキル以外のスキルを狙えます!

『ヒント発生率アップ:30%』もありますので、ヒント発生も他のサポカより多くなるのも良いですよね。

スポンサードリンク

 

④:スピ上昇特化の連続イベ

  • 成功
    ①:スピード+15
    ②:賢さ+5
    ③:絆ゲージ+15
  • 失敗
    ①:スピード+10

SSR水着マルゼンスキーは、連続イベントがスピードに特化しています。

まずは、連続イベント1回目『渚のリザートRomanticに恋して』では、上記の効果をあることができます。

成功と失敗があるようで、成功を引くと絆ゲージ+15も非常においしい!

失敗してもデメリット効果はなく、連続イベント2回目でも絆ゲージは狙えるので、タイミングによっては助かる場面もありそうですね。

  • 成功
    ①:スピード+15
    ②:パワー+5
    ③:『集中力』Lv+1
    ④:絆ゲージ+15
  • 失敗
    ①:スピード+10

次に連続イベントの2回目『思い出のときめき今もMyHeartに』の効果。

金スキルでコンセントレーションを積んでいる場合、習得のスキルptが安くなるのがウマイ♪

連続イベント2回目でも、絆ゲージ+15が狙えるため、絆ゲージ上げは他のサポカを優先しちゃっても良さそうです。

SSR水着マルゼンスキーは、完凸で初期絆ゲージも『30』ありますから、絆ゲージを盛りやすいサポカでもありますね。

  • スピード+30
  • 賢さ+10
  • 『トップランナー』Lv1

連続イベントの3回目『ずっとZutto輝いてForever』では、トップランナーが確定で貰えます。

あとはスピード+30も出来るのがエライ!

スピード+賢さデッキだと、スピードが過剰になりますが・・・

根性デッキに1枚差しなら、スピード不足をケアできるところもポイントですね。

⑤:レースボーナスは+5%

SSR水着マルゼンスキーのレースボーナスは+5%

+10%ならぶっ壊れでした(笑)

SSR水着マルゼンスキーは、レースボーナスが+5%。

メイクラでは物足りない感じでしたが、グランドライブではあまり関係ありません。

むしろ練習重視の育成になるので、SSR水着マルゼンスキーの固有がめちゃくちゃ活きます!

スキルpt系のサポート効果はありませんが、それを補って余りある性能を持ってますね。

SSR水着マルゼンは引くべきか?

  • SSRアグネスタキオン
  • SSRキタサンブラック
  • SSRタイキシャトル

上記の内2枚持っている場合は、SSR水着マルゼンスキーは引かなくてもいいかなと。

ただし、逃げの育成をガッツリしたい方は、SSR水着マルゼンスキーの優先度は高くなります。

まあ、逃げ以外の育成で使っても、めちゃくちゃ強いけどね。
(;・ω・)(´∀`*)デスヨネー

もう1つ引くべきかのポイントが、『賢さサポカが揃っているか?』です。

  • SSRミスターシービー
  • SSRトウカイテイオー
  • SSRシリウスシンボリ

上記の賢さサポカを持っていない方は、今回のガチャを引いてもOKです。

狙うメインはSSRファインモーションになりますが・・・

『同時にSSR水着マルゼンスキーを狙えるメリット』もありますからね。

⇒参考記事:SSRファインモーションは引くべきか?【性能と判断基準まとめ】 - おろぶろぐ