おろぶろぐ

オンラインゲームの攻略を初心者さんにわかりやすく解説するブログです。

【最強職】弓のPvP用おすすめビルド編成【キノコ伝説】

弓のPvP用ビルド

どうも!キノコ伝説の無課金研究家オロオロKT (@orooroKT)と申します。

今回は、最強職業と呼び声が高い、弓のPvP用おすすめビルド編成を紹介したいと思います。

筆者は斧をメインに使っていますが、この弓には当たりたくないという編成をご紹介します。
(`・ω・´)∑(゜∀゜;)イイノ!?

弓でPvPをやりたい方は、最後までみていただけると、非常に嬉しいです(*・ω・)*_ _)ペコリ

スポンサードリンク

 

もくじ

弓のPvP用『技能』

弓のPvP用『技能』

  • 稲妻奇襲
    ⇒大ダメージ+無敵
  • 疾駆菌茸
    ⇒攻撃速度+30%
  • 武装解除
    ⇒3秒間、武装を解除
  • 速度緩慢
    ⇒目標の攻撃速度-40%
  • 煙幕弾
    ⇒目標の被ダメ+30%

弓PvP用の技能編成ですが、弓は攻撃速度がめちゃくちゃ大事です!

攻撃速度を上げることによって、打ち上げ・ダウン・会心も出やすくなるので、疾駆菌茸は低レアですがオススメです。

さらに、相手と打ち合いになった際、攻撃速度を下げるのも有効な手段となってくるので、速度緩慢も採用。

分身が残るようであれば、速度緩慢⇒分身攻撃もアリなので、ここで切磋などでお試し下さい。

百斬千鎖

もう1つ、百斬千鎖も弓で使える技能となっていますが・・・

これは菌族乱闘・越域駐機場など、デバフがかかるPvPコンテンツで使えます。

上記のビルド編成で入れ替えるとしたら、疾駆菌茸or速度緩慢になるのかなと。

百斬千鎖は、pt商店(越界対決)で交換できますので、弓系の職業の方は検討してみて下さい。

弓のPvP用『仲間』

弓のPvP用『仲間』

  • クールカメ
    ⇒最大体力30%のバリア
  • 天使鹿
    ⇒ダメージ軽減+15%
  • 侠力ク鳥
    ⇒攻撃速度+15%
  • 楊枝ナス
    ⇒会心+10%
  • 天下トリ
    ⇒通常攻撃ダメ+30%

弓PvP用の仲間編成ですが、特に大事な仲間が侠力ク鳥です。

攻撃速度を上げることによって、打ち上げ・ダウン・会心を出しやすくなるので、技能の疾駆菌茸と併用しましょう。

クールカメは、相手との打ち合いになった際、最大体力30%のバリア差で勝てることもあるので、耐久面で重要な仲間ですね。

下2つの仲間は入れ替えたいところですが・・・

隠宝竜

正義バナナ

  • 隠宝竜
    ⇒会心ダメージ+50%
  • 正義バナナ
    ⇒連撃+10%
    ⇒連撃ダメージ+100%

持っているなら、隠宝竜>正義バナナをビルドに編成したいところ。

特に隠宝竜は、通常攻撃の会心ダメージ+50%が強いので、ほぼ必須級の仲間ですが・・・筆者はまだ持っていない模様・
(`;ω;´)(´;ω;`)oh・・・

正義バナナも強いですが、持っていないという方は、楊枝ナス・天下トリの妥協もアリ。

装備で会心率を70%以上に盛れているなら、楊枝ナスの優先度は下がりますね。

スポンサードリンク

 

弓のPvP用『遺物』

弓のPvP用『遺物』

  • 仮面
    ⇒会心>連撃
  • 引雷凧
    ⇒追加ダメージ
  • 地宝
    ⇒仲間系統に合わせる
  • 石脈の書
    ⇒各ダメージ軽減
  • 時の彫像
    ⇒煙幕弾+武装解除
  • 首飾り
    ⇒技能効果に合わせる

弓PvP用の遺物編成ですが、仮面を会心・連撃のどちらにするか?ですね。

会心率が70%以上であれば、連撃の仮面がべストですが・・・これがなかなか難しいです。
(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

仲間で楊枝ナスを採用して会心を盛って、仮面で連撃をつけるのもアリかなと。

楊枝ナスを入れる隙間がない方は、会心の仮面が良いと思います。

旋風羽毛

もう1つの遺物『化石』ですが、旋風羽毛もアリかなと。

レベルを上げるごとに、攻撃速度も上がっていくため、高レベルであれば採用の余地があるかなと。

逆に、旋風羽毛のレベルが低いなら、引雷凧でOKです。

引雷凧は、全職業使える遺跡なので、コスパを考えるなら引雷凧でもいいかなと思います。

弓のPvP用『彫像』

弓のPvP用『彫像』

斧で反撃狙いですが、×5は相当難しい・・・😂

弓PvP用のキノコ彫像編成ですが、連撃率が85%以上であれば、連撃乗算+を5つ揃えるのがベスト。

とは言え、連撃乗算を5つ狙うのはかなり大変なので、攻撃乗算+で妥協もアリ。

僕も斧系で反撃を狙ってますが、まあ引けませんからね。
(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

連撃率が低い内は、むしろ攻撃乗算の方が安定するので、徐々に連撃乗算に切り替えていくといいかなと。

スポンサードリンク

 

弓のPvP用『背飾り』

弓のPvP用『背飾り』

弓のPvP用『背飾り』2

連撃ダメージ優先で上げたい。

弓PvP用の背飾りステータスは、バランスorちょい攻撃寄りで振るといいかなと。

背飾り能力に関しては、弓は連撃メインで戦うことになるため・・・

連撃ダメージは、Lv10~15くらいまでは上げておきたいところ。

あとは、攻撃力・防御力・体力をバランスよく振るのが良いと思います。

弓のPvP用『背飾り』3

もう1つ背飾りで重要なのが、キノコスロの報酬で貰える青山入色ですね。

連撃が発生するごとに、連撃ダメージが上がっていく追加技能があります。
(;・ω・)∑(゜∀゜;)ファ!?

弓系の職業であれば絶対欲しい性能ですので、キノコスロで狙う候補として検討してみて下さい。

ただし、弓系で欲しいキノコスロ報酬は多いため、優先順位を決めて交換していきたいところ。

【目標500枚】キノコスロ重要な仕様と職業別おすすめ報酬:まとめ - おろぶろぐ

弓のPvP用『騎乗』

弓のPvP用『騎乗』

  • 所持効果
    ⇒仲間ダメージ+40%
  • 効果
    ⇒ダメージ減+10%
    ⇒被妨害時間-30%

弓PvP用の騎乗でおすすめなのが、上級騎乗:青牛モーモーですね。

ダメージ減+10%が汎用性があり、被妨害時間-30%もPvPで強い効果となっています。

青牛モーモーに乗っているプレイヤーが早く動けるので、その分有利に戦うことができます。

弓系だけではなく、PvP目線なら全職業・最優先で狙いたい騎乗だと思います。

弓のPvP用『騎乗』2

  • 所持効果
    ⇒攻撃乗算+10%
  • 発生条件
    ⇒連撃3回ごとに
  • 効果
    ⇒追加で500%の範囲ダメ

弓系に特化した騎乗であれば、通称:金魚と呼ばれているコチラの騎乗がおすすめ。

連撃が3回発生するごとに、追加で500%の範囲ダメージを与えるため、連撃に特化した弓に適正がある騎乗ですね。

他の職業に浮気をせず、弓だけでやっていくなら、モーモーより金魚がオススメで。

他の職業もやりたいのであれば、青牛モーモーが無難でしょう。

弓のPvP用ビルド編成:まとめ

弓のPvP用ビルド編成

  • 技能
    ⇒攻撃速度を意識
  • 仲間
    ⇒隠宝竜は欲しい
  • 遺物
    ⇒仮面・化石は選択肢アリ
  • 彫像
    ⇒連撃乗算×5
  • 背飾り
    ⇒連撃ダメージ

筆者は斧をメインで使っているため、『こういう弓のビルドはイヤだ』という編成を紹介しました。

弓は人気の職業であるため、メタ(対策される)の中心にある職業です。

例えば、会心を盛る環境であれば、会心抵抗を盛った剣・斧が登場されると、厳しくなる可能性もあるのかなと。

とは言え、攻撃速度を上げてからの連撃・会心が凄まじいので、弓は最強格の職業ですね!

キノコ伝説の最新記事はコチラ!

最後に、キノコ伝説の記事もう1本見ていただければ、非常に嬉しいです。

以上、筆者『オロオロKT』でした。

今後もよろしくお願いします!